FC2ブログ

赤槍之心

2018.12 → 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 
--.--.-- → スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(--:--) スポンサー広告 / トラックバック(-) / コメント(-) /
2006.06.14 → 赤槍之心
弓一筋を心に決める者も、いつしか槍へと引かれ・・・
槍にすべてを捧げる者も、知らず知らず弓へと流れ・・・

人は・・・おのずと足りない力を求めるのだろうか。

今回は槍弓について私の見解をまとめてみようと思います。
私は一度も知識系を経験したことがないため、
今回は物理についてしか語ることができません。
予めご了承ください。


1、『槍は大器晩成である』

私はそうだと思います。
槍は弓に比べて、全体的な要素で遅育するからです。

まず第一の要素はスキルでしょう。
槍の主要スキルは
ラピッドスティンガー
エントラップメントピアッシング
サプライジングレイド
サイドステップ
エターナルプロジェクター
ワール系(移動スキル)
ダミーステップ
この7種類です。

中でもエントラはCP消費型で大きなダメが期待できます。
ラピ、レイドはというと、逆に効率良くCPを貯められるスキルです。
つまり、この相対するスキルを上手く使いこなし
CPを獲得しつつエントラで攻めるのが主流でしょう。
CP獲得が早く行えるという点からエントラがすぐに出せるのが
大きな利点だと思います。
これらのスキルをすべて補うには相応のLvが必要になってきます。
弓のようにマシンという最初から性能の高いスキルがないので
どうしてもスキルが安定してくるまで弓に劣ってしまうのです。

継続的に一定のダメを与えることができるのが槍の長所です。

しかし、スキルが完全に揃うまでにLv200超えるでしょうし
更に武器の性能に大きな壁があるということが第二の要素なのです。

一般的に物理弓の中でもっとも主流になっているのが『箱弓』
正式名称は『重い弓Lxダメ80%防効25%』です。
これに対し、槍が同Lv時に装備可能な武器といえば・・・
『コルセスカDX』です。
比べてみると・・・

重い弓Lx(1.60秒)41~73
コルセスカDX(1.40秒)43~80

速さと基本ダメの性能では勝っていますね。
しかし、弓にはもうひとつ装備補強可能な箇所があります。

『矢』です。

矢によって増強すれば、かなりダメに違いがでてきます。
元々、弓にとって速度はほとんど関係ありませんし・・・

狩り効率で箱弓を上回るためには、それなりの武器が必要になってきます。

何よりも槍という職業は接近戦を行うために
HPを維持できるだけの打たれ強さがなければいけません。
そのため、混乱、スタンなどの異常攻撃や
HP吸収付の高火力武器が必要になってくるわけです。
しかし箱弓のように一般的に広まるものがないのが現状です。

そこで俗にいう『箱パイク』が基準となるように思われます。
正式名称『戦闘用パイクGDXダメ25%HP吸収2%フリーズLv2』
この武器を装備できるLvになれば、槍の方が強いと断言できます。
槍は最大ダメが超長槍GDX以降急上昇しますし
そこにバトリンを加えることによって、更に大きなダメを
期待することができます。
OPとしてはHP吸収が1~4%つく可能性もありますし
やはり最終的には槍の武器の性能が上をゆくのでしょう・・・

槍は大器晩成である。

必須スキルをカバーし、箱弓を超える吸収武器を装備できた時
まさにその瞬間、槍が鬼と化した状態なのでしょう。
継続的に一定のダメを与えることができるという長所を生かし
本来得意とする移動スキルに加え
ほぼPOT不要の戦闘が可能なために
ソロ狩り効率は弓をも凌駕するでしょう。


2、『槍は槍、弓は弓』

槍が大器晩成であるというのはお分かりいただけたでしょうか?
しかし、いつどんな状況でも槍での狩りが最良の選択とは限りません。

槍には槍の良さがあり、弓には弓の良さがあるのです。

接近戦でHP吸収を糧に戦闘する槍に対して、弓はというと・・・
持ち前の多彩なスキルを使いわけ、最小被害で戦闘を優位に進めるのです。

まず主要なスキルは
マシンアロー
ビットグライダー
インターバルシューター
ミラーメラーミスト
スナイプ
テイルチェイサー
ビックスパロー
ランドマーカー
以上の8種類です。

槍のエントラと並び、CP消費型で大きなダメを出せるのがビットです。
相手の命中、回避を下げる異常効果も引き起こします。
ビットと併用して使うと効果の高いスキル、それはインターです。
一旦打ち上げる動作があるものの・・・
100%命中、ビット並のダメ、そしてCPがほぼ減らない
これらのメリットを使いこなせば、弓の大きな戦力になります。
インターを打ち上げ、遠くにいる敵に初発ビットを撃ちこみ
残りのHPをマシンで削る。
もしくは、インター→スナイプ→マシンといったCP獲得戦法などなど。
槍の単調な攻撃に比べ、弓は多彩な攻撃が可能な点も大きな魅力でしょう。

弓の最大の欠点はダメ弓=遅い弓なのでCP獲得が非常に難しい点です。
また更にHP吸収OPが使い物にならない、接近すると不利・・・
というようにPOT代が必要になってきます。
そこで狩場の状況に合わせ、自分なりの戦法を考えることが必要になるのです。

瞬間的に破壊的なダメを与えることができるのが弓の長所です。

敵から離れた位置で、瞬間的に大きなダメを与えることができるので
タゲ回避がなくても戦い方ひとつで被ダメを極小に抑えることも可能なのです。
HP吸収がない分、与えられたスキルと火力で
殺られる前に殺れという戦いが主体となるのでしょう。
特に、HP吸収が効かない敵に対して相性が良いと思われます。
ただし囲まれてしまった時のことも想定して戦法を立てておきましょう。

私が確認した瞬間最大ダメは、モリネル1Fのヴァンプに対して
インター(約2000×7)+ビックスパロダブクリ(約37000)×3.75(テイル発動分)でした。
計:約14万弱のダメを一瞬で与えることができたのです。
これはダブクリだったので、異常なダメになったのですが
弓の持つ瞬間火力の可能性を、感じさせてくれると思います。


3、『自分流』

装備、ステ、狩場、敵、空間といった様々な要素から
あなたに一番合ったスタイルを考え、新たな自分を
見出してはいかがでしょうか?

私が最終的に辿り着いたスタイルは、運と力にすべてを注ぎ
運による回避率、命中率上昇とダブクリによる火力上昇でした。
防御が低いのは昔から慣れっこなのですが
タゲ回避がなくなり何度もピンチにさらされました。

死んだら20分のデスペナを受ける自分にとって
死ぬことは絶対にあってはいけないことなのです。

そこで思いついたのは緊急脱出でした。

帰還の書をベルトにストックさせるだけでいいんです!
そして死の予感を悟る判断力を鍛えれば
もう二度と死ぬことはないでしょう。
死にそうになったらポチッと押せば脱出できます。
よく死ぬ方、お試しください。

槍は、その手数の多さから異常攻撃やクリの発生率が高くなるため
総合的なダメも弓を上回ります。
特に移動スキルを使いこなし、狩り効率を格段にあげることも可能です。
持ち前のPOT不要戦法が可能なので、狩り効率という面では
弓よりも槍が上をゆくでしょう。

しかしGvでは、まったく逆の立場になります。
槍バグにより、主要スキルの半分を失ってしまう点。
そして遠距離からインター、ビットなど撃つことによって
弓の瞬間火力がとても高くなるという点から
Gvで強さを発揮できるのは弓となるでしょう。
ただし、逃げスキルがないのでリンチには気をつけましょうw

一番大事なのは自分流です。
自分で考え、学び、そして適応していくことが
あなた自身のスキルをUPしてくれるでしょう。


最後になりましたが、長々と今回の記事を読んでいただき
ありがとうございました。



    ↓一票ぽちっ♪



    【投票方法】↑画像クリック→コミュニティ(右上)→日記→赤槍之心
    お手数ですが、投票よろしくお願いします
(03:42) 槍子全般 / トラックバック(0) / コメント(0) /
半年ROM / HOME / 回線繋がる






 管理者にだけコメントを見せる

トラックバック URL
http://keyshia.blog35.fc2.com/tb.php/35-6206ab70
HOME

    当サイトで利用している画像及びデータは、株式会社ゲームオンに帰属します。
    許可無くご利用又は転用になられる事は出来ませんので、予めご了承下さい。
    (c) 2006 L&K Logic Korea Co., Ltd. All Rights Reserved.
    (c) 2006 GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved.
     
    Template by lovehelm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。